topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やるときはやる! - 2013.02.08 Fri

昼休みにちょこっと。
先日、「プロは、そう簡単に自分の専門分野でNOは言えないよなと改めて感じた」と
書いたら何故か「無理難題」の問合せが多くなった。・・・負けませんから!(笑)
何事も壁にぶつかってそれを乗り越える事で人は成長するものだと思ってますので。

話は変わって。
この一枚の画像をご覧ください。

エンドロール

コンサートのDVDなどの最後に音楽と共に出て来るエンドロール。
今うちの社員はエンドロールに名前が載るのをあたりまえのように思ってますが
20数年前は考えられない事でした。
いつかはきっとエンドロールに「Balloon」スタッフカテゴリーを入れてみせると
夢見た事がありました。そもそも私の行なうバルーン(バルーンアトラクション)
は演出の中での特殊効果の一つでした。仕事の受注も舞台設営会社さんや特効さん
からの注文がほとんどで、どんな凄い事をやっても陰のそのまた陰、裏方の存在。
言われた演出内容をきちんとこなす事が当時の私たちの使命でもありました。
「言われた事をこなす」「言われた事だけやっている」これではバルーン本来の
可能性もプランナーに託すだけ、それもバルーンの事などよくわかっていない
プランナーの無理難題には頭を抱える日々でした。餅屋は餅屋と言う言葉があります。
どの業界にも専門分野の専門家がいるのです。どうしてプランの段階から相談して
くれないのか、若き頃の大曽根はいつもそう思ってました。(笑)
ある時期から演出のプランニングから入れた事で自分の考える今までに無いバルーン
演出を世に出す事が出来たのです。当時はけっこう業界仲間からも叩かれました。
出る杭は打たれるどころでは無いくらいにね。(笑)だけど今思います、あの時の
出る杭を打たれながらでもいつも斬新なアイデアを出し続けた結果が今なのです。
「出る杭は打たれる」「出過ぎた杭は誰も打てない!」のです。
チャンスとタイミングははずしては行けません。ここぞ!と思う時には死ぬ気で
頑張ると言う事ですね。そんな昔話しがあって今ではエンドロールに『Balloon」
と入りスタッフの名前が刻まれているのです。


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://onestimeosone.blog.fc2.com/tb.php/1576-87c779f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来週は協会パーティー «  | BLOG TOP |  » 仲間

プロフィール

Y.osone

Author:Y.osone

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
6534位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
237位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

フリーエリア

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。