topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お客さんを待っていてはダメ! - 2011.12.04 Sun

今日は静かな会社で図面やら見積りを書いている合間に。

昨日今日と池袋のサンシャインでアメリカのメーカーさんが主催するバルーンコンベンションが
行われているようですね。素晴らしい技術をたくさん学んでビジネスに役立てられると良いですね。

世界中でクリスマスの点灯式が行われていますが、私の会社は12月1日でした。(笑)



毎年同じパターンでちょっと寂しいです。今年まではこれでも良いと思いますが来年は
年明けそうそう隣にセブンイレブンが出来るのでこのイルミネーションではぜんぜん
目立たなくなてしまうでしょうね。ショップ前の敷地をうまく利用して派手で近所でも
話題になるくらいのオブジェや装飾をしても良いのではないかと思います。
隣に店ができれば人も流れも変わります。
それをうまく利用するのも頭の使いようです。
コンビニの駐車場も広そうなので行ったついでにバルーンショップに立ち寄る。
絶対あるでしょ! 目立つショップにする事が絶対条件ですけどね。

例えばどうだろうか、来年のクリスマスにこんなアイデアは。
高さ3m以上のバルーンで出来たクリスマスツリー2本、売るほど在庫で持っている
LED照明を内蔵しランダムに照明の色を変える。
建物壁面にはサンタクロールが壁面をよじ登っているかのようなリアルで笑えるもの。
サンオイル、コパトーンの昔のイラストを思い出した。

copaaertone.jpg

壁を登るサンタクロースがトナカイにズボンを引っ張られお尻が半分見えてる、なんて。

店の中をいくら充実したって店の中に入ってもらえなくてはどうしようもありません。

最近、お客さんが竹の塚の駅に着いて会社までタクシーの運転手さんになんと言ってたら
わかりますかとよく聞かれるので、「バルーンショップ」か「風船屋さん」と言ってみて
くださいと良く言います。「知らなかったらもぐりのタクシーですから」とまで。(笑)
でも、ほとんどのタクシー運転手さんは知っているようです。 内心ホッとしてますが。
町の小さなお店でも街並の景観に同化しては行けないとスタッフにもよく言います。
竹の塚でも目立つショップだからタクシーの運転手さんも知っているのです。
うちの会社のショップの前の2本のアイキャッチャーがなかったら、たぶん・・・・。

ここに書いた事は凄く大事な事です。
ショップの中だけを完璧にしようと考える前に道路の反対側から自分のショップを月に
一度でもお客さん目線で見てはいかがでしょう。 きっと何かを感じるはずです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://onestimeosone.blog.fc2.com/tb.php/1124-cb6fccef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

目の診察結果 «  | BLOG TOP |  » とりあえず

プロフィール

Y.osone

Author:Y.osone

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
6107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
211位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

フリーエリア

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。