FC2ブログ
topimage

2010-04

自分が使うデジカメの10年 - 2010.04.18 Sun



私が使うデジカメはこの10年ソニーのサイバーショットを使い続けてます。
デジカメの10年がこれほど進化するとは思いもしなかったのですが今日は自宅でそのデジカメを集め改めてその性能の進化をネットで見てみました。カメラに詳しくないので批評的な事は一切書けませんが2000年 2月 DSC-S70(左)を購入した10年前、有効画素数は334画素、ディスカスの飼育を始めた頃に使っていたデジカメですがフラッシュを使わなくてはディスカスなど絶対に撮れるものではなかったのを覚えてます。ピントを合わせてシャッターが切れる前にディスカスがどこかに行ってしまう状況でしたね。(笑)その3年後2003年11月発売されたDSC-T1 は有効510万画素、2004年9月に発売されたDSC-P150は有効720万画素とたった4年で倍の画素数になってました。2006年 4月に発売されたDSC-T30は画素数こそ変わりませんがこの頃から光学式手ブレ補正機能が各メーカーから出始めた時期です。そして2008年2月に発売されたDSC-T300は有効画素が1000万画素を超え一眼レフのカメラの画素数に匹敵するようになっていた気がします。そして今年の3月に発売されたDSC-HX5V(右)は画素数だけでなくムービーの機能も最先端の技術が導入されかなり高性能なデジカメになってます。しかし、ここまでは10年の歴史ですが現在使っているものから3つ前までのサイバーショットが総て同じ症状の故障が発生しているのも事実です。それはファインダーを開けた時にモーターのような振動が起こり液晶も小刻みに震え、まったくピントが合わせられなくなるです。この現象が起こるのが購入して2年目くらいに起こるのです。ここ最近のような5年保証も無かったのでこの症状を修理に出すと2〜3万円かかるそうで、その金額がかかるのであればと新品を買ってしまう「うまく出来た話です」先日も松井の本番前日にこの症状が起こり大慌て今のを購入した程です。修理代プラス1万円くらいか?ポイントカードを使えば・・・と考えて購入してしまう気持ちもわかってもらえるでしょう。フルハイビジョン動画が撮れるのにYOU TUBEにアップするととんでもない汚い動画に・・・・まだまだ勉強がたりません(笑)
現在購入したばかりのサイバーショットの機能はこんな感じです。
http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-HX5V/
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Y.osone

Author:Y.osone

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
10792位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
347位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

フリーエリア

FC2カウンター